⑯沼尻観音と沼中稲荷神社

1.沼尻観音

沼尻観音1 (沼尻観音の全体の画像)
沼尻観音2 (沼尻観音のご本尊の画像)

2.沼中稲荷神社

沼中稲荷神社・外

3.沼尻観音域内公民館・家体庫・碑群

下本町の家体庫や公民館
「正一位沼尻稲荷大明神」名の奉納大行灯があった
弁才天の碑:表
弁財天の碑:裏(「本町1丁目」の記載あり)
梵字の碑:表
梵字の碑:裏(「本町1丁目 講中」の記載あり)
水神の碑 前面
水神の碑 裏面(大正12年12月水道新設為記念之の記載あり)

 この本町は、中本町・下本町・袋町・四軒町、そして、新しく出来た自治会 寂光を併せた町名である。この本町の中の「下本町」を中心にして、「中本町」の一部を含んだところに存在したと伝わる《沼》の話を取り上げたい。
 本地区に現存する「沼尻観音」と「沼中稲荷神社」との間には、かなり距離がある。この2つが文字通り‟沼尻“と‟沼中”であるとすると、‟沼頭“にあたる地域はいったいどのあたりにあったのかと考える。この‟沼頭”の位置が《沼》の大きさを解く鍵となるからである。
 しかし、その実態は分からない。分かっていることは、本町の中の下本町が管理している『沼尻観音』と個人宅(近藤家)で管理している『沼中稲荷神社』が存在していることである。そしてそこに付随する箱書きや旗等に記された以下の文字記録である。
 正一位沼尻稲荷大明神 沼内稲荷神社 正一位沼中稲荷大明神 正一位沼尻稲荷大明神(明治42年2月初午) 沼内大明神 正一位大明神などなど。
 《沼》は、存在したのか、それはいったいどのような《沼》であったのか、謎は深まるばかりである。このことについての情報をお持ちの方のご協力を是非お願いしたいと思っている。



Copyright(C) 2020 日光西町観光ガイド. All Rights Reserved.