④門額「還源山」(幕末三筆市河米庵揮毫)

匠町の浄光寺(2)

浄光寺本堂
浄光寺本堂
山門の額「還源山」
山門の額「還源山」
寺宝の額「妙覚門」
寺宝の額「妙覚門」

 まず、浄光寺についてであるが、正式には、還源山妙覚院浄光寺という。
 山号が還源山、この山門にある山号額は、幕末の三筆の一人、市河米庵揮毫によるものである。
 また、山門は、板橋石(大谷石のように見えるが、初めて聞く石の名である。)で葺かれ、石屋根の山門は、日光で唯一のものである。
 更に、院号は、妙覚院という。そこで、妙覚門の額があり、本堂四つ柱正面に掲げられている。これは、弘法大師真蹟と伝えられ、寺宝となっている。

 参考文献:『もうひとつの日光を歩く』日光ふるさとボランティア編


← ③嘉元二年(1304)刻銘の青石の板碑⑦浄光寺⑤日光山最古の梵鐘 →

Copyright(C) 2020 日光西町観光ガイド. All Rights Reserved.