⑦夜泣き石

夜泣き石

夜泣き石
遠景
夜泣き石
近景

夜泣き石のいわれ

 花石神社から北西に50mほど離れた、住宅地の入口にある大石が「夜泣き石」だといわれている。
この「夜泣き石」には《夜泣き石伝説》があります。ご紹介しましょう。2つほど地元に伝わっているお話です。

まず一つ目のお話。
 「一体この子はどうしたのだろう。昨夜は泣き通しで、一睡もしない。虫のせいか、それとも、風邪引きか。」医者の投薬も、行者の虫封じも効き目がない。困った母親は、夜中ひそかに家を抜け出し、大石のところに行くと、「どうか、この子の夜泣きが止まりますように」とお願いをした。すると不思議、その晩から子どもの夜泣きがぴたりと直ってしまった。このことが評判になると、その大石は、「夜泣き石」と呼ばれて子どもの守り神になったそうな。


それでは二つ目のお話。
 鼻を摘ままれても分からないほど真っ暗な梅雨の一夜のこと。山内から一人の住持が久次良の知人を訪ねた。途中、どこからともなく、泣き声が聞こえてくる。変に思って耳を澄ますと、泣き声は、足もとの草むらから聞こえてくる。もしや捨て子ではと、手探りであたりを捜したが、声の主は分からない。しばらく静かにしていると、何と不思議、自分の前にある大きな石から泣き声が出ているではないか。このことがやはり評判になると、人々は、夜中にやってきては、その大石に耳をあてがうのだった。いつしか、その大石は、「夜泣き石」と呼ばれるようになったそうな。

 参考文献:『日光の故実と伝説』星野理一郎著


← ⑥花石神社花石町⑧松半公園 →

Copyright(C) 2020 日光西町観光ガイド. All Rights Reserved.