道しるべ C 有名人寄進物

有名人寄進物

松屋敷の紀文句碑

        右  大日堂

(表)  是従

        左  含 満

              紀文

(右横) 宝暦十三年(1763)未歳

(裏)  雨晴れて水清けさや大谷川

       紀文とは(「紀国屋文左衛門」のこと。)

豪商。姓は五十嵐。紀伊国の人。性機敏、風浪を冒して蜜柑を江戸に輸送して万金を得。又、材木の御用商人になって富を得。金を散ずること土芥の如く、紀文大尽と称せられたが、晩年零落し、享保十九年(1734)没。年六十六。(六十四才ともある)(将軍は家継から吉宗時代)

(備考)

創設当時は、下河原の大日堂と含満の分水道(現在の浄光寺下、向河原橋の辺)にあったが、いつの代にか、洪水で流され、大谷川原にあったものを、金谷真一氏が拾い上げ、現在の所(松屋敷内)に建てたものである。(参考資料:『日光の碑標』 星野理一郎著)

        


← 道しるべ B 巡礼物匠町ホーム →

Copyright(C) 2020 日光西町観光ガイド. All Rights Reserved.